神前式

振袖や衣装は自分が好きなものを着るのが一番

購入かレンタルか

女性

兄弟姉妹の結婚式や受付を頼まれた時、お見合いなど色々なイベントで着物を着る機会が出ることがあります。着物は流行り廃りも考え、購入するなら信頼できる店から行ないましょう。

View Detail

衣装で行なう雰囲気作り

お祭り

和装の中には、舞台衣装や、よさこい衣装といったイベントで使われる衣装もあります。衣装も組み合わせてレンタルやオーダーメイドで、チームごとの特色やイベントで行なうイメージに合った衣装作りが可能です。

View Detail

晴れの日の衣装選び

成人

七五三に、成人式に、結婚式と日本人でも普段、和装をする機会というのは限られたものです。さらに振袖を着ることのできる期間はさらに短いかもしれません。成人式などによく着られている振袖は元々、未婚の女性の衣装だったそうです。昔はあの振袖の長い袖の中に、男性から恋文を入れるという風習もあったのです。昔は若い女性や未婚の女性の着る衣装であった振袖は、現在では成人式に多く着られています。成人式では袴や振袖がやはり人気で、大阪でも成人式には多くの女性が振袖を着ています。丁寧に結った髪に、髪飾りやかんざしが華を添え、歩く度に振袖が揺れるさまには、つい目で追って振り返ってしまうほどに美しいものです。大阪などでの成人式で利用される振袖は、親族から借りる、購入する、レンタルするのが一般的です。親族から借りるのはサイズ、色やデザインが好みじゃなかったりすることもよくあります。成人式という晴れの日くらい自分の好きな格好をしたいという女性も多いことでしょう。こうしたイベントにレンタルや購入が可能な振袖を大阪では豊富な品ぞろえで取り扱っています。購入し、家族や娘にも着られるものを残すのも家族の歴史があって素敵です。しかし、レンタル価格もリーズナブルになってきていますから、成人式には着たい振袖をレンタルで着せてあげるのも良いでしょう。成人としての区切りの日に自分で決めた振袖で立つ、これから自分で選択していく道に責任を持つのにも重要な儀式になるのではないでしょうか。

和装も自分らしく選ぶ

着物

結婚式ではドレスだけで費用を節約し、前撮りに色打掛をレンタルする女性も多くいます。最新流行を取り入れたものからスタンダードな伝統スタイルまで、現在の色打掛は自分らしい衣装を選んで着ることができます。

View Detail